井坂和広法律事務所
井坂和広法律事務所トップ
弁護士 井坂和広|ごあいさつ
弁護士 井坂和広
井坂和広法律事務所・自宅
井坂和広法律事務所|業務内容
弁護士 井坂和広|メールマガジン
弁護士 井坂和広|チャリティーCD
 
 



弁護士 井坂和広
代表弁護士
井坂 和広
Kazuhiro Isaka
経歴
昭和31年1月4日、兵庫県神戸市生まれ。昭和54年早稲田大学政経学部政治学科卒。平成6年弁護士登録
平成17年度群馬弁護士会副会長、前橋家庭裁判所調停委員
「判例タイムズ1241」、「判例タイムズ1091」( 以上2例判例タイムズ社発行 )、「労働判例No.935」( 産労研究所発行 ) に掲載実績あり



 相談を受けたらすぐ現場を見に行くというフットワークのよさが信条である。紛争の渦中で悩み傷ついた依頼者の身になって考える姿勢を忘れない。

 「権力者の横暴」「弱い者いじめ」を見過ごせない持ち前の性分に加えて、30歳頃に弁護士を志すまでの音楽修業時代(クラシックギターの腕はプロ並み)と受験時代の下積み経験が、弁護士としてのスタンスに大きく影響している。

 特に、最近は、弁護士業務におけるカウンセリング的素養の必要性を痛感し、臨床心理学の勉強を始めている。

 弁護士は経済活動を伴う経営者であると同時に、他の事業者にはない社会的役割を担う特殊な事業者であると考える。 「ハンセン病訴訟」では「事態を長年放置していた弁護士にも責任の一端がある。今からでも法律家として関わりたい」と考え、群馬弁護団に進んで加わった。

高崎事務所を開設して平成27年の現在で7年目に入り、平成23年に提起したエコキュート高崎訴訟を契機に、エコキュートを中心とした低周波音公害の分野では、被害者側に立つ弁護士として全国的に名前を知られるようになっている。 最近は、全国各地の低周波音被害者から依頼を受けて、出張相談や裁判で遠方まで出掛けることが多くなっている。


 私は、事業者の皆様を対象に、「ゆるやかな信頼関係」を基礎としたネットワーク作りを進めています。事業者向けの『メールマガジン』を無償で発信し、広いエリアの事業者とのコミュニケーションを図っております。
>> 詳しくはメールマガジンのページへ


弁護士 石井英智
弁護士
石井 英智
Hidetomo Ishii
経歴
昭和48年6月5日,群馬県吾妻郡中之条町生まれ。
平成19年法政大学法科大学院卒業。
平成20年弁護士登録。


 日本の元気は地方の元気から。地方の活気を取り戻したいと思い,生まれ育った吾妻郡中之条町に近い沼田市を,弁護士活動の拠点と決めました。 人情を忘れず,全ての事件に全力投球します。

 友人や家族にも相談できず,一人で悩み続けるのは,とても辛い事ですね。 大丈夫。プロから法的アドバイスを受ければ,必ず前向きな考えと笑顔を取り戻せます。勇気を出して,諦めないで,一秒でも早くご相談のお電話をください。 弁護士は秘密厳守が第一。ご相談内容が外部に漏れることは絶対にありません。ご安心ください。

 親切笑顔の応対をお約束します。





TOPごあいさつプロフィール事務所費用メールマガジン

Copyright (C) 2007
Kazuhiro Isaka Law Office
All Rights Reserved.
高崎事務所
営業時間
AM9:00〜PM6:00(平日)
沼田事務所
営業時間
AM8:30〜PM5:30(平日)
  井坂法律事務所
携帯サイトはこちら